TOP

Kataribeの特徴(カタリツグ活用してみました)

Kataribeの特徴まとめ

このKataribeブログの仕様が1,200文字までしか書けない理由

皆さんはQuartzという新鋭メディアをご存じでしょうか。

通常、米国の新聞の記事の長さは、紙面の上から下までの一段の記事で平均して700ワードだそうです。ですがこの「クオーツ」は、500ワードよりも短い記事と800ワードよりも長い記事に特化しているのです。

その理由となるのがこのQuartzカーブといわれるグラフです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


同社によりますと、よく読まれ、そしてシェアされるのがその500ワード以下と800ワード以上の記事であり、その間の中途半端な文字数は結果が振るわないとのことです。

さて、そのワード数を日本語の文字数に変換しますと、およそ1,500文字以下と2,500文字以上となります。実は以前我々でソーシャルメディアアカウントの拡散力を測定するサービスも運営していたのですが、そこで解析したところ、日本語では拡散力においては1,200文字までが最適だという結論となりました。

日本語で1,200文字であれば、平均的なスピードで数分で読むことができます。ちょうど良い長さと言えるでしょう。それを、私がプロデュースしたこのKataribeブログに適用したという訳なのです。

では実際に1,200字に収めて書こうとしますと、これがなかなか難しく面白い長さです。いわゆる原稿用紙3枚。結果2,3度推敲して、言いたいことを収めるという作業が発生する長さです。だらだら長い記事を書くより、遥かに効率が良いですし、長続きするかも知れません。

このKataribeでは、 #ハッシュタグ にも対応しており、且つ外部のURLを貼り付けると自動的にカード表示してくれます:

ブロックチェーンの分類について – PrivateかそれともPermissionedか? –

この3週間は弊社にとって激動でした。 9月25日にパーミッションド・ブロックチェーン構築プラットフォーム『mi…
mijin


さらに貼り付けるのがKataribeブログの記事URLの場合、著作者情報も自動で表示されます:

IoT+フィンテック+ブロックチェーンの甘い関係

先日、経産省のIoTコンソーシアムに加盟したものの、その現場では誰もそのビジョンについて語りません。そもそも見えていないのかもしれません。「インダストリー4.0」やら、我が国ではいつも通りボキャブラリ...
by Takao Asayama 朝山貴生 2015-11-27 19:09


ツイートURLもこの通り自動でカード表示:

Twitter


YouTubeのURLも自動で動画が貼り付けられます:

これら全ての情報が、タグを入力することなく、テキストを入力するだけで自動で整形されますので、どちらかと言えばTumblrよりはTwitterに近いマイクロブログとなります。実に気軽に書ける仕組みになっております。

ということで、本日の1,200字をKataribeの説明でこなしてみました。是非一度このKataribeをお試し下さい。次回は、Kataribeの画期的なフォローの仕組みについて説明しようと思います。

by Takao Asayama 朝山貴生 2015-12-02 02:15

#kataribe

.

最終更新日:2015-12-04 17:05

コメント (0)